キリン合弁、上期は減収減益 コロナ禍で下期も挽回難しく

キリンホールディングス(HD)のミャンマーでの業績が、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んでいる。ミャンマー合弁会社ミャンマー・ブルワリー(MBL)の2020年度上半期(1~6月)の売上高は前年同期比8%減の163億円、原価と販売管理費を差し引いた事業利益は同12%…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

出勤禁止措置、政府が物流業の除外を発表(15:58)

7月対日輸出はマイナス拡大 衣類の回復止まり、足踏み状態に(09/23)

第2波で経済成長予測下回る恐れ、フィッチ(09/23)

新規感染が665人、累計6千人超え=22日朝(09/23)

スー・チー氏、国民に「忍耐」呼び掛け(09/23)

軽症コロナ患者の施設隔離、11日に短縮(09/23)

運輸省、物流会社社員の出勤認めるよう要請(09/23)

AYA銀、ヤンゴンの43支店を一時閉鎖(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン