《安全》チクングニア熱、感染疑われる例2千人超に

カンボジア保健省によると、同国でチクングニア熱への感染が疑われる事例が増えている。9日までに2,047人となり、6日時点の約1,700人から約300人増加した。同省は市民に注意を促している。地元各紙が伝えた。 チクングニア熱は、デング熱と同じくヒトスジシマカやネッタイシマカ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【カンボジア経済通信】イノベ産業振興、「かえる跳び」狙う 第361回(09/25)

共用オフィスのトゥーン、カンボジア進出へ(09/25)

ポーサットの太陽光発電、試験運用開始(09/24)

中国系企業、南部の鉄鋼加工工場を年内稼働(09/24)

1~7月の対米輸出額、24%増の34億ドル(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン