• 印刷する

民主化運動忘れず、市民が追悼=新党党首も

祭壇に赤いバラを捧げる人民党の党首、コー・コー・ジー氏(左から2人目)=8日、ヤンゴン(NNA)

祭壇に赤いバラを捧げる人民党の党首、コー・コー・ジー氏(左から2人目)=8日、ヤンゴン(NNA)

ミャンマーの最大都市ヤンゴンで8日、1988年8月の民主化要求デモの犠牲者を追悼する集いがあった。新型コロナウイルスの感染拡大防止規制のため指導者らの演説はなかったが、大勢の人々が参加した。

今年はデモ発生から32年目。ヤンゴン市役所前の会場には、午前8時から活動家のグループがビルマ語で「8888」と描いた花輪を設置した。参加者は、犠牲者が流した血を表す赤いインクを流した地面や祭壇に赤いバラを捧げて黙祷。例年行われる音楽の演奏や展示物はなく、祈りを捧げたい人が自主的に訪れるスタイルの祈りの場を、市役所前のほか、ヤンゴン大にも設けた。

88年民主化デモの主要指導者であるコー・コー・ジー氏は11月8日に行われる次期総選挙に向け、新党「人民党」を立ち上げている。同氏と党員は、政党カラーである黄色のTシャツを着て市役所前の会場を訪れ、亡き同志を追悼した。

追悼の集いを主催した活動家組織「The 88 Generation Peace and Open Society」の幹部、ミャ・エー氏は「過去を風化させないための集会と政党の動きは無関係」と説明。その上で、次期総選挙に関して「ミャンマーの民主化はまだ遠く、改憲も進んでいない。総選挙で民主化を本気で進めようとする力を連邦議会に送り出すことが重要だ」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ検査対象者の隔離施設、確保が困難(14:31)

8月の外国投資にブレーキ 年度最低、政府は目標達成を楽観(09/24)

出勤禁止措置、政府が物流業の除外を発表(09/24)

新たに488人感染、ヤンゴンが7割=23日朝(09/24)

所得税の納税手続き期限、年末まで延長(09/24)

保健相「封じ込めの効果は2週間後に」(09/24)

サッカー場の仮設病院を増床へ、ヤンゴン(09/24)

瑞麗の都市封鎖解除、ムセで国境貿易が再開(09/24)

マレーシア国営石油、ガス田で人員削減開始(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン