• 印刷する

比のコロナ感染者、東南ア最多に

フィリピンの新型コロナウイルスの累計感染者数が6日、インドネシアを抜いて東南アジア域内国で最多となった。フィリピンは感染拡大を防ぐため、域内国の中でも厳格な外出・移動制限措置を実施しているが、政府が想定した通りの効果が出ているとはいえない状況が続いている。

両国の保健省によると、6日時点でフィリピンの累計感染者数は11万9,460人、インドネシアは11万8,753人だった。フィリピンの総人口は約1億1,000万人と、インドネシアの4割強にとどまっている。人口比を考慮すると、フィリピンの感染者数の割合が高いことが分かる。

フィリピンは過去1週間だけ見ても、1日当たりの感染者数は3,200~6,350人程度で推移し、インドネシアを上回っている。

フィリピン政府は6月初め、約2カ月間続けた厳格な外出・移動制限措置を緩和した。経済活動に軸足を移したことで感染が再拡大し、医療体制も逼迫(ひっぱく)している。複数の医療団体が医療崩壊を防ぐための「休息」を求めたことから、政府は今月4日から18日まで制限措置を再び厳格化している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いわく付きの「人工ビー…(09/21)

社会的距離の縮小撤回 公共交通機関、政府内から反発(09/21)

災害事態宣言を1年延長、大統領(09/21)

コロナ感染新たに3311人、計28万6743人(09/21)

EUが人権侵害懸念、関税優遇の停止示唆(09/21)

外資誘致へ大統領に権限、上院が検討(09/21)

医師団体、外出制限の即時解除を要請(09/21)

労働省、雇用対策で失業者70万人支援(09/21)

鉄鋼業者が生産増強、国産使用推進策で(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン