• 印刷する

アズビル、東部にテクノロジーセンター開設

「ソリューション・アンド・テクノロジー・センター」に設置された展示ルーム=タイ・ラヨーン県(アズビル提供)

「ソリューション・アンド・テクノロジー・センター」に設置された展示ルーム=タイ・ラヨーン県(アズビル提供)

制御・計測機器メーカーのアズビルは3日、タイ法人アズビルタイランドが、東部ラヨーン県に「ソリューション・アンド・テクノロジー・センター」を開設したと発表した。モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)を活用し、プラントや工場の安定稼働のための次世代インテリジェントサービスを提供する。

アズビルの広報担当者によると、同センターは、アズビルタイランドのラヨーン事務所の敷地内に立地する。投資額は非公表。アズビルグループ最大規模の調節弁整備施設も併設する。敷地面積は7,700平方メートル、延べ床面積はオフィス棟が550平方メートル、調節弁整備施設が1,200平方メートル。

同センターでは、プラントや工場向けにIoTとAIを活用し、プロセス制御における未来予測と異常予兆検知のソリューションを提案する。プラントや工場では、安定した稼働と保全の効率化のため、プロセスの異常をより速く検知して対応する予知保全を進め、定期保守のコスト削減や突発的な故障を回避したいニーズがある。

同担当者によると、日系・地場を問わずプラントや工場を持つ幅広い産業の企業を対象としているが、東南アジア有数のコンビナート地区で自動車関連産業が集積するラヨーン県という土地柄、自動車や石油化学、化学といった産業の企業が多いのが特徴という。

調節弁整備施設では、自社・他社製を問わず、年間1万台の整備が可能。オフィス棟には、展示ルームも設置し、アズビルの製品に触れながら最新技術を体感できるようになっている。

アズビルタイランドは1995年、山武タイランドとして首都バンコクに設立された。ラヨーン県に事務所と東部チョンブリ県のアマタシティー・チョンブリ工業団地に支店を構える。2013年には、チョンブリ県に工場空調向けコントローラー、温度調節計などを製造するアズビルプロダクションタイランドが設立された。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

コロナワクチンの第1弾到着 中国と英国製、近く13都県で接種(02/25)

閣僚3人らが有罪、13~14年の首都騒乱で(02/25)

市中感染71人、5日連続2桁台(24日)(02/25)

人民銀、デジタル通貨の国際研究に参加(02/25)

レッドラインが3月末から試運転、7月開業(02/25)

首都電車公団、ピンクライン支線建設で契約(02/25)

金管局、デジタル決済でUAEなどと提携(02/25)

バンスー駅の商業開発、5月に再入札見通し(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン