• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの流行の長期…

新型コロナの流行の長期化を受けて、インド人は予防策を怠るようになった。そんなことも背景に、感染者数が世界で3番目に多いインドでは、感染拡大が続いている。シャー内相を含む、与党・インド人民党(BJP)の複数の政治家も感染した。野党側でも、主要な指導者が感染したことが明らかになっている。

数カ月前は厳しい感染対策を行っていた団地の措置も緩んでいる。北部グルガオンの団地では、何事もなかったかのように子どもたちが公園で集まって遊び、部外者の訪問が許可されている。首都圏では交通量が日を追うごとに増え、夕方には多くの人がショッピングモールに訪れる。祭日に菓子を買いに行くと、駐車場に空きがないほどだった。

長期に及ぶ封鎖で、外に出たくてたまらない人もいるだろう。ただ感染者の増加は現実で、病院での治療はますます困難になっている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「祇園精舎の鐘の声 諸…(09/18)

車所有、コロナで前向き 4割が1年以内に購入計画=自工会(09/18)

三菱電機、デリーメトロ車両の電機品受注(09/18)

EV部品新興エンテュープル、資金調達計画(09/18)

バーラト重電、リニア特化のスイス社と提携(09/18)

インドスペース、グルガオンの土地取得へ(09/18)

空港でのPCR検査、ガイドライン発表(09/18)

8月の国内線旅客数、76%減の283万人(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン