隣国との往来再開の詳細公表 数日待機措置、感染対策徹底へ

シンガポールとマレーシアの出入国制限を今月半ばから緩和する措置の詳細が明らかになった。重要なビジネスや公務に関わる人や、互いの国で就労する国民の往来を認めるが、入国してから数日間の待機措置やPCR検査など新型コロナウイルスの感染予防対策は徹底する。経済関係の結…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

新規生命保険料収入、1~3月期は29%増(05/12)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/12)

新規感染16人、市中感染が6割超(12日)(05/12)

外国人労働者の入国制限、当面は継続(05/12)

ケッペル、川崎重工などと液化水素事業(05/12)

ベトナムとシンガポール、中低リスクに(05/13)

テイクオフ:女性が一人でタクシーを…(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン