スタンチャート、香港事業上期は2割減益

英金融大手スタンダード・チャータードが7月30日発表した2020年1~6月期決算は、香港事業の税引き前実質利益が前年同期比19.2%減の7億500万米ドル(約750億円)だった。一般企業の売上高に相当する経常収益は1.3%減の18億3,000万米ドル。減損に伴い計上した貸倒引当金は1億…

関連国・地域: 中国香港アジア欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

台湾銀行業の香港預金、1年で1千億元超減(19:46)

テイクオフ:もうすぐ中秋節(今年は…(09/23)

HSBC株、25年ぶり安値に 米中両国発の報道が引き金(09/23)

新規感染者8人、域内例は3人=計5046人(09/23)

香港ディズニー、25日に2カ月ぶり再開(09/23)

国慶節のマカオ、本土個人旅行解禁も期待薄(09/23)

マカオ、トラベル・バブル計画を検討中(09/23)

続落、米株安受け=香港株式(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン