製薬業界、医薬品需要がコロナで最大6割減

インドネシア医薬品業者連合(GPファルマシ)によると、新型コロナウイルス感染症の流行で国民が感染を恐れて医療機関を避けたため、国内の医薬品需要が通常の50~60%減に落ち込んでいる。ジャカルタ・ポストが7月30日に伝えた。 GPファルマシのティルト会長によると、加盟…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で変わった生活…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

新型コロナ対策、執行率37% 政府支援に遅れ、実業界が不安視(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

新規感染者4465人、2日ぶりに最多更新(09/24)

コロナ感染の高リスク地域、58県・市に拡大(09/24)

ブカシ県で感染企業が倍増、エプソン工場も(09/24)

医療システム早晩崩壊か、病院が最大感染源(09/24)

対コロナ意識改革チーム、政府が立ち上げ(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン