• 印刷する

テイクオフ:街が寝静まり日付けが変…

街が寝静まり日付けが変わるころ、Tシャツに短パンとラフな格好をした若者たちがせっせと仕事に励んでいた。3メートルくらいの高さがあるだろうか。トラックの荷台に、黙々とごみを放り投げていく。見た目は荒っぽいが、手際は良く、ごみは確実に吸い込まれていった。

ごみ収集といえば、きつい、汚い、危険の「3K」のイメージがある。だが、誰かがやらなければ街はあっという間にそのきれいさを失う。夜になり、路上の隅に乱雑に積み上げられた黒いごみ袋の山を見ると、それが遠いどこかの話ではないことを実感する。

食うためか、それとも他の理由で選んだのか。新型コロナウイルスの影響で失業者が急増している時だ、きつい仕事でも働けるだけありがたいのかもしれない。ごみを回収する若者たちの額に付いた汗が、理由を超えた何かを物語っているように見えた。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに3379人、計12万2754人(11:30)

コロナ感染新たに4226人、計12万6885人(11:39)

GDP16.5%減、過去最悪 4~6月、「景気後退」入り(08/07)

今年のGDP5.5%減に、政府予測(08/07)

比のコロナ感染者、東南ア最多に(08/07)

コロナ感染新たに3561人、計11万9460人(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

コロナ対策法案第2弾、下院の第2読会通過(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン