• 印刷する

【アジアで会う】鈴木麻美さん ゲストハウス運営 第310回 コロナで危機も前向きに(ベトナム)

すずき・あさみ 横浜市生まれ。大学卒業後は、日本で小学校教員をしていた。一人旅をきっかけにベトナムに魅了され、現地就職や縦断旅行などをへて、移住を決意。ゲストハウスオーナーとの出会いから日本人宿「イージーステイハノイ(EZ STAY Hanoi)」の運営に携わる。新型コロナウイルスで打撃を受ける現在も、趣味のイラストやエッセー作成を生かして当地の魅力を伝え続けている。

イージーステイは、ハノイの旧市街から少し離れたホーチミン廟(びょう)エリアに立地する唯一の日本人宿だ。バックパッカーを中心に、学生から年配者まで、幅広い日本人旅行者に利用されてきた。1泊当たり9米ドル(約950円)のドミトリー(相部屋)と個室(同17米ドル)、共有スペースなどがあり、旅人同士が集まって旅の情報交換をしたり一緒に食事に出かけたりする交流の場でもある。

多くの旅行者を迎えてきた鈴木さんは、「ゲストハウスは時に、本音を語らえる場所でもあった」と春の旅行シーズン前から静まり返ったままのフロントで振り返る。「悩む学生さんたちが、最後には笑顔で去っていく背中を見送るときが喜びを感じる瞬間ですね」と、にぎわう日々をなつかしむように話す表情には元小学校教諭らしい一面がのぞく。

ただ、コロナの話になると少し表情をくもらせる。「このままゲストハウスの収入が途絶えれば、家賃の支払いに消耗するばかり。クラウドファンディングで資金を集める同業者もいるが、一旦、クローズすることも念頭に置いている」と決断に悩んでいることを打ち明けた。入国制限が解除されたとしても、これまで通りに旅行者が戻る日がいつになるかはわからない。

■ブログ「気分だけベトナム旅行」で発信

落ち込んではいられないと始めたのが「気分だけベトナム旅行」と題したブログ配信だ。渡航ができなくなった人に向けて、せめて気分だけでも楽しめるようにと、これまでに旅行した場所や周辺レストランなど現地の情報をつづっている。

もともと、イラストを描いたりエッセーを書くことが好きだった鈴木さんは、ハノイを訪れる旅行者によく利用されている日本語の無料イラストマップの制作者でもある。細やかな視点の描写には「旅行者の姿を想像しながら、街歩きがより楽しくなるように」という思いが込められている。ブログやイラストマップからは「ベトナム旅行をもっと楽しんでほしい」というメッセージが伝わってくる。

5月7日に営業を再開したものの、日本から来る観光客はゼロ。最近では、現地に住む日本人の方にツアーを提供する機会が少しずつ増えているという。アオザイを着てタイ湖の蓮(はす)池で写真撮影をするプランが人気で「ここ1カ月で4回ほど案内した」(鈴木さん)。

イージーステイが運営する旅行代理店「イージーベトトラベル」は、ハロン湾ツアー(日帰り、48米ドルから)やサパツアー(1泊2日、90米ドルから)など、ハノイ起点の主要ツアーを取り扱っているが、ゲストハウス同様に厳しいのが現状だ。コロナの状況は、現地向けの情報発信などを見直す機会になっていると話す。

■「ベトナムに恋をした」

鈴木さんがベトナムに魅了されたきっかけは、20代半ばに訪れたホーチミン旅行だ。「前年のニューヨーク旅行では感じなかった『刺激』があった。ベトナムに恋をしたんです」と笑う。よくあるぼったくりにも遭ったし、その直後にはお金をせがむ子どもたちに囲まれた。ただ「気付けば2時間も一緒に公園で遊んでいた」などと、とても印象的な交流だったことを振り返った。

短い旅の日々が忘れられず、年に1回はベトナムを訪れるような生活が5年ほど続いた。30歳の節目にローカル企業に就職。その後、日本に戻って働いた臨時教員の仕事の合間には2カ月半のベトナム縦断旅行を同僚と敢行し、北から南までを見て回った。

ベトナムで暮らすことを決めた4年前、「イージーステイサイゴン」(ホーチミン市の日本人宿、現在は閉鎖)で出会ったのが現イージーステイハノイ・オーナーのグエン・バン・キエンさんだ。ビジネスパートナーとして、ハノイで日本人宿の運営を開始。コロナが襲ったのは、2カ所あったゲストハウスを昨年12月に統合し新たなスタートを切った矢先だった。

「先日、タイグエンに行ってきたんです。おいしいですよ」。笑顔で名産のお茶を差し出す彼女からは、大変な状況に直面してもなお、ベトナムに対する好奇心が消えていないことがうかがえる。鈴木さんは「まだまだ行きたいところがたくさんあるし、もっと多くの人にベトナムの良さを知ってほしい」――と前を向く。(ベトナム版編集・尾崎由佳)


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(21:56)

【コロナを超えて】ヤマト、提案力で供給網確保 非接触の引っ越しなど新たな挑戦(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

北部高速の道路連絡拡張、運輸省が予算要請(09/23)

ザインコイ、中部と南部で相次ぎ不動産買収(09/23)

LGの越法人、家電販売好調で売上大幅増加(09/23)

テーゾイジードン、1~8月は増収減益(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン