• 印刷する

ベトナムのコメ輸出、タイ抜き世界2位へ

ベトナムの今年のコメ輸出量が、前年の世界3位から2位に浮上する見込みだ。前年2位のタイがバーツ高や干ばつで低迷しており、今年は過去20年で最低を記録する見通し。ベトナムからは、シェア拡大を期待する声が出ている。地元各紙が伝えた。

ベトナム税関総局によると、上半期(1~6月)のコメ輸出額は5%増の352万トン、輸出額は19%増の17億米ドル(約1,810億円)。タイ・コメ輸出業協会(TREA)によると、同国はそれぞれ32%減の314万トン、12%減の22億米ドルだった。

今年通年の輸出量は、ベトナムが670万トン、タイが650万トンとなる見込みだ。ベトナム産は、タイ産より手頃となっており、中国、香港、フィリピン、マレーシアなど主要市場への販売契約が増えているという。

統計サイト「スタティスタ」によると、昨年の国別コメ輸出量は、インドの979万トンが最多で、タイ(756万トン)、ベトナム(658万トン)と続いた。


関連国・地域: タイベトナムインド
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(17:38)

コロナで窮地、宅配で道開く 外食動画サイト開業の森さん(04/22)

【ウィズコロナ】アユタヤ銀が日本でQR決済 訪日客の回復見据え、非接触型で(04/22)

税金と土地使用料、3回目の納付猶予(04/22)

1~3月の平均賃金上昇、雇用情勢は悪化も(04/22)

コロナ禍で消費者が支出慎重、融資に影響も(04/22)

ワクチン接種10万人突破、市中感染なし(04/22)

ゴム業界、1~3月は輸出価格上昇で好業績(04/22)

兼松、鋼構造物事業のATADに出資(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン