• 印刷する

内務省、接触者追跡チームを5万人増強へ

フィリピン内務・自治省は、新型コロナウイルスの感染者と接触した人を追跡するチームを5万人増員し、感染の封じ込め体制を強化する方針だ。23日付マニラタイムズが伝えた。

同省は現在6万9,098人を動員し、感染経路を追跡して濃厚接触者を特定。感染が確認された場合は診療を受けることができるようにしている。

アニョ内務・自治相によると、追跡能力を高めるためには、追加で8万7,092人の要員が必要とされる。まずは経済復興対策を盛り込んだ新法の成立後に5万人を雇用し、追跡チームを増強する考えだ。

アニョ氏は、全てのバランガイ(最小行政単位)に独自の追跡チームを創設するよう指示したことも明らかにした。公立の教育機関で訓練を受けさせた後、各バランガイに派遣する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジョギング、筋トレ、何…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

通信塔、整備急ピッチ 1カ月で900件認可、大統領指示(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

コロナ感染新たに2833人、計29万4591人(09/24)

仲裁判断巡り中国非難、国連演説で比大統領(09/24)

中国の偽アカウント削除、フェイスブック(09/24)

衣料ANAP、日系企業と資本提携へ(09/24)

経営者協会、EUの関税優遇停止は打撃(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン