• 印刷する

東北銀行、ベトコムバンクと業務協力:海外金融機関と初提携

東北銀行(岩手県盛岡市)は10月31日、海外の金融機関としては初めてベトナム外商銀行(ベトコムバンク)と業務協力協定を締結した。チャイナ・プラスワンの有力国であるベトナムで、現地に進出または進出を検討している取引先企業を支援する狙いだ。

主な提携事項は、◇顧客企業の相互紹介◇現地情報の提供――の2項目で、ベトコムバンクでの預金口座開設などへの対応もする。

東北銀行の広報担当者はNNAに対し、「取引先企業の海外展開に対する実需に基づいた業務提携だ」と強調。岩手県内には、ハノイ近郊でジャポニカ米の試験栽培を行い、現地販売を目指している企業などがあるといい、こうした企業のニーズに対応したいとしている。

東北銀行は今年9月に「ベトナム視察ミッション」を派遣。ハノイや中南部カインホア省ニャチャンで日系企業の工場を視察したほか、ホーチミン市では食品飲料関連の展示会を視察。地場企業とのマッチングを図る商談会にも臨んだ。

今後も取引先企業の海外ビジネスニーズに対応し、地域経済の活性化に向けて積極的に取り組む方針だ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

ぼてぢゅう、越での拡大視野 コロナ後、新たなビジネス考案へ(08/05)

感染者が前日から28人増加、死者8人に(08/05)

ビンファスト、新SUVの外観を公開(08/05)

パシフィック航空、新ブランドの制服を発表(08/05)

開発大手ベカメックス、HOSE上場へ(08/05)

日本のデジタル印刷板にダンピング課税へ(08/05)

履物輸出額、1~7月は8%減=商工省(08/05)

サムスン、中国のPC工場を越へ移転か(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン