• 印刷する

《日系進出》大気社、クリーンルーム事業に本格参入

空調・給排水・排気装置などの設備工事を手掛ける大気社は22日、クリーンルーム用パネルを生産するインド企業、ニコマック・クリーン・ルームズ・ファー・イーストを子会社化すると発表した。成長市場として重視するインドで、買収を通じてクリーンルーム事業に本格参入する。

7月31日付で31億8,900万ルピー(約45億7,000万円)を出資し、74%相当の株式を取得する。ニコマックは有限責任事業組合(LLP)だが、大気社の出資後に株式会社へと組織変更する。

大気社の広報担当者はNNAに対して、「インドでは製薬会社を中心に、クリーンルームの需要増が期待できる。製薬会社を主要顧客に持つニコマックに、当社の空調事業のノウハウを取り入れることで、クリーンルームと空調装置の設計・施工をワンストップで提供していく」と意気込んだ。製薬会社などでは、クリーンルームと空調システムを別会社に委託するケースがみられる。これを一括で請け負うことで、需要の取り込みを図る狙いだ。

ニコマックは2011年4月の設立で、クリーンルーム用パネルの設計から製造、設置までを手掛ける。19年3月期の売上高は17億1,200万ルピーだった。

大気社は、大気社エンジニアリング・インディアとジェイコ・ペイント・ショップ・インディアの2社を通じて、インドで主に自動車工場向けの塗装設備事業を行っている。

20年3月期のインド事業売上高は86億円で、大気社の売上高全体の3.8%を占める。ニコマックの売上高は、21年3月期の下期(20年10月~21年3月)から決算に組み込まれる。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機その他製造金融建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

スパイスヘルス、変異種特定で空港に解析所(01/15)

20年車販売は23%減の294万台 コロナ打撃、2年連続で前年割れ(01/15)

12月の二輪販売は7%増、5カ月連続プラス(01/15)

車業界、鉄鋼不足で1~3月は最大2割減産も(01/15)

マヒンドラの北米子会社、従業員の半数を削減(01/15)

メルセデス、21年は15モデルの発売を計画 (01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン