• 印刷する

経済区庁、バタンガス大に初の人材育成特区

フィリピン経済区庁(PEZA)は21日、マニラ首都圏近隣のバタンガス州立大学に経済特区「知識・イノベーション・科学・技術(KIST)パーク」を設置したと発表した。熟練した技術を持つ国内人材の育成を図る狙いで、同様の特区開設は同国で初めて。

新たな経済特区はプラザ長官が主導し、国内の州立大学の広大な遊休地を活用することを目指している。同長官は「海外の大学と提携してプログラムを提供する。国内の労働者にマルチな技術や知識を指導し、世界標準の人材を育成する」と説明した。

PEZAは、バタンガス州立大学、フィリピン国立大学・専門学校協会(PASUC)と、産業界が必要とする職業訓練プログラムを実施する特別経済区研究機関(SEZI)を、同地域に設置する覚書に署名した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、476人に(15:10)

テイクオフ:学生のころ、将来何を学…(08/04)

厳格規制でも生産維持へ 日系企業、長期化は懸念(08/04)

首都圏などの外出制限、再び厳格化(08/04)

コロナ感染新たに3226人、計10万6330人(08/04)

医療従事者を1万人雇用、手当も手厚く(08/04)

無料ワクチン接種、予算200億ペソ(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン