コロナで進むデジタル化 電子決済、23年に1352億ドル規模

インドで非接触型の決済サービスの需要が高まっている。新型コロナウイルス対策の全土封鎖が始まって以降、電子決済大手ペイティーエムの小規模店舗での取引数は4倍に増加した。大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)インディアによると、インドの電子決済…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドやスリランカなど…(09/23)

航空業界86%減収 4~6月、各社資金難続く(09/23)

タタ自、「ティアゴ」出荷台数が30万台突破(09/23)

タタ自、ネクソンEVでサブスク開始(09/23)

テスラ、ベンガルールに研究拠点設置か(09/23)

地場ゲーセンのスマッシュ、コロナ禍で閉業(09/23)

インドからモルディブへ、貨物フェリー就航(09/23)

道路事業9件、ビハール州で始動(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン