• 印刷する

PTTEP、モザンビーク事業で資金調達

タイ国営石油PTTの石油・天然ガス開発会社PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)は20日、8.5%の権益を保有するモザンビーク沖合の液化天然ガス(LNG)採掘事業について、総額149億米ドル(約1兆6,000億円)の融資合意書に署名したと発表した。

タイ証券取引所(SET)への報告書によると、資金は、PTTEPが完全子会社PTTEPモザンビーク・エリア1を通じて、8.5%を出資しているロブマ海底鉱区エリア(ロブマ1)プロジェクトの最初の2つのユニット(年産1,310万トン)の建設に充てられる。

同プロジェクトは、ゴルフィーニョ・アトゥン・ガス田を開発対象として、天然ガスの生産・液化からLNGの輸送までを行う上中流一体型事業。2024年から生産を開始する計画だ。投資総額はおよそ200億米ドルが見込まれている。

これまでに東京ガス、中国海洋石油公司(CNOOC)、英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル、英国のガス・電力大手セントリカと、LNG生産能力の85%に相当する年間1,110万トンの長期供給契約を結んだ。

プロジェクトには、PTTEPのほか、オペレーターである米石油・天然ガス開発会社アナダルコ(保有権益26.5%)、三井物産傘下企業(20%)、インド石油公社(10%)など計7社が出資している。


関連国・地域: タイアフリカ
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

再生エネEA、今年は電動バス2千台納車(05/27)

パープル・レッド線乗り換え、入場料金免除(05/27)

個人情報保護法、6月に施行 刑事罰や集団訴訟などの可能性も(05/27)

ラオス中国鉄道、6月下旬に物流施設と接続(05/27)

新規の感染者4924人、死者37人(26日)(05/27)

テスラがタイ法人設立、EV輸入販売見通し(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン