• 印刷する

テイクオフ:朝起きたら体操をし、日…

朝起きたら体操をし、日中は畑仕事など田舎の生活を楽しみ、夜にはその日の出来事を絵日記にして一日が終わる――。韓国で17日から始まったバラエティー番組「夏休み」の内容だ。人気プロデューサーの新作として開始前から注目されていたが、ふたを開けてみると「パクリ疑惑」に見舞われた。

パクリ元と言われているのは、2000年にソニーが発売したゲーム「ぼくのなつやすみ」。都会暮らしの少年が夏休みの1カ月間、田舎で魚釣りや昆虫採集をして過ごすという内容だ。冒頭に書いた内容がこのゲームとそっくりなのに加え、出演者が寝泊まりする家が日本家屋で、何よりもタイトルが「夏休み」であることから、視聴者から疑われてしまったというわけだ。

制作陣は「ぼくのなつやすみというゲームは知らなかった」とパクリ疑惑を否定しているが、真偽はいかに。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、16日連続で100人台(09/19)

LG化学が電池部門を分社化 EV普及で黒字転換、IPO狙う(09/18)

新型コロナ感染、15日連続で100人台(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

韓国の成長率1%減、OECDが下方修正(09/18)

政府歳出の増加速度、韓国はOECDで2位(09/18)

産業技術の海外流出、6年で121件(09/18)

LGの採用試験、オンライン方式に転換(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン