• 印刷する

テイクオフ:「政府系の病院はオスス…

「政府系の病院はオススメできない」。触れてはいけないモノを触ろうとする人に注意するかのように、診療所を経営する米国帰りの医師が話していた。総じてサービスが良くない他、医療に対する管理が不十分で劣悪な環境になっている病院もあるという。

フィリピンは新型コロナウイルスの感染者に占める医療従事者の比率が一時約2割に達するなど、他国に比べて高い。感染拡大が収まらない一因にもなっている。ひところ落ち着いていたマニラ首都圏の医療体制は逼迫(ひっぱく)し、外出・移動制限の緩和が裏目に出ている。

政府は軽症者への対応が不十分だったとして、隔離措置の強化に動き始めた。警察と自治体職員が、民家を一軒一軒回って調べる話も出た。政府は否定したが、軽症者が政府指定の隔離施設に移され、逆に病状が悪化することはないだろうか。民間医師の言葉が頭から離れない。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

災害事態宣言を1年延長、大統領(09/18)

コロナ感染新たに3257人、計27万9526人(09/18)

経営者の5割、事業「深刻」 コロナ影響、売上高減に=PwC(09/18)

公共交通の社会的距離縮小、一時停止(09/18)

コロナ感染新たに3375人、計27万6289人(09/18)

輸入車販売、1~8月は49%減(09/18)

住友電装、ワイヤハーネス工場を新設(09/18)

三菱電機、FA製品サービス拠点を開設(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン