三倍券、経済成長0.3P押し上げ=中研院

台湾政府系研究機関の中央研究院(中研院)の周雨田研究員は15日、同日に支給が始まった消費振興券「振興三倍券」について、2020年の域内総生産(GDP)を0.2~0.3ポイント押し上げる効果があるとの認識を示した。ただ消費を促進する効果は一時的で、「経済全体への貢献は限定的…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、バスで九フン(フ…(08/11)

パネル2社が賃上げ・賞与へ 業況が好転、コロナで需要増加(08/11)

鴻海、インテルと5G専用製品を共同開発(08/11)

TSMCの7月売上高、前年比25%増に(08/11)

ノートPC5社、7月は全社増収(08/11)

聯発科技の7月売上高、過去2番目の高水準(08/11)

世紀鋼構、風力発電の基礎工場が年末完成へ(08/11)

中鋼の7月出荷量、予測を16%上回る(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン