• 印刷する

ホームレス向け口座開設、HSBCが香港初

英金融大手HSBCホールディングス傘下の香港上海銀行(HSBC香港)は15日から、決まった住所を持たない人でも口座を開設できるサービスを始めた。ホームレス生活者などの社会的弱者に基本的な金融サービスを提供する香港の銀行の第1号となる。16日付信報などが伝えた。

申請者は、HSBCが指定する非政府組織(NGO)5団体のいずれかから紹介状を受け取り、口座開設の目的を確認後、当該NGOのボランティア、もしくはソーシャルワーカーの付き添いの下、指定の7支店を訪れて紹介状と身分証明書を提示する流れ。審査後に現金自動預払機(ATM)用のキャッシュカードとパスワードが発行される。NGOの住所を連絡用住所として登録することで、銀行からの通知を受け取れる。

マンションなどの部屋をさらに小さく区切った低所得者向けの共同住宅で暮らし、郵便サービスを利用できない人も、このサービスを利用できる。

HSBC香港でリテールバンキングと資産管理業務の責任者を務めるグレッグ・ヒングストン氏は、「固定の住所を持たないために銀行口座を開設できず、賃金や補助金を安全に受け取れないため、貧困から抜け出せないでいる香港市民は数多く存在する」と述べた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

域内感染11日ぶりゼロ、流入1人のみ(11:13)

新たに2人の感染確認、累計は5058人(11:13)

ディズニー2期用地、白紙に 拡張困難、政府が契約更新せず(09/25)

新たに7人の感染確認、累計5056人(09/25)

反落、米株安に追随=香港株式(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

東亜銀行、保険子会社の売却手続きへ(09/25)

アント、香港上場で175億米ドル調達へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン