ガルーダの負債22億ドルに、起債で資金調達

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空のイルファン社長は14日、8兆5,000億ルピア(約632億円)の強制転換社債(MCB)を起債する計画を明らかにした。新型コロナウイルスにより甚大な被害を受けた国営企業の支援策として、政府に社債の引き受けを求めた。航空旅客数…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:8月に入り、街が紅白カ…(08/06)

4~6月GDP、5.32%減 コロナ影響顕在化、回復遠く(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

首都の渋滞で年間65兆ルピアの損失、運輸相(08/06)

運輸省、航空旅客への検査義務付け見直しか(08/06)

AP2、7月の搭乗者数が前月の2倍に回復(08/06)

ANAの成田4便と羽田運休、9月も継続(08/06)

新型コロナワクチン、国営製薬が量産体制へ(08/06)

上期の石油ガス投資額、当初通年目標の39%(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン