• 印刷する

JBIC、ミツワ電工の合金加工事業を支援

国際協力銀行(JBIC)は14日、三井住友ファイナンス&リースのタイ法人SMFLリーシング(タイランド)と、約60万9,000米ドル(約6,530万円、JBIC分)を限度とする貸付契約を締結したと発表した。マグネシウムやプラスチック事業を手掛けるミツワ電機工業(大阪府羽曳野市)のタイ事業に対して、民間金融機関と総額88万3,000米ドルを協調融資する。

融資は、首都バンコク北郊パトゥムタニ県にあるミツワ電機工業の現地法人タイミツワが、SMFLからファイナンス・リースでマグネシウム合金の加工などに必要な設備を調達する資金に充てられる。

タイミツワは、1987年に設立された。パトゥムタニ県に本社と工場を構え、プラスチック射出成形用金型の設計・製作・メンテナンスや、プラスチックおよびマグネシウム射出成形加工・塗装・印刷・組み立てを手掛ける。2003年にタイ証券取引所(SET)の2部市場(MAI)に上場し、05年には東北部ナコンラチャシマ県で第2工場の操業を開始した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末、首都バンコクで…(09/22)

日本発の外国人専用便が増加 10月は週3便、予約状況に余裕も(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

8月の6空港利用者、78.7%減の257万人(09/22)

国営長距離バス、旧南ターミナルに復帰計画(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

トラベル・バブル、行動範囲制限する国も(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン