5月失業率、5.3%に上昇 返済猶予終了で10月から再上昇も

マレーシア統計局が14日発表した労働力統計で、2020年5月の失業率は5.3%となった。1980年代後半の景気後退期以来の水準に悪化した前月から、さらに0.3ポイント上昇した。エコノミストからは、失業率は6月以降に低下するものの、9月末に融資の返済猶予措置が終了すれば、10月以…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(05/12)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン