• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスのタ…

新型コロナウイルスのタイ国内での市中感染が49日連続でゼロとなる一方、帰国者の感染が確認されるケースが相次いでいる。最近はスーダンやカタール、クウェートなどアフリカや中東からの帰国者の感染報告もある。とはいえ感染拡大が続くこれらの国からの帰国に安堵(あんど)もあるだろう。

一方、日本の放送局が12日、コロナ禍にレバノンで暮らすシリア難民を取り上げたドキュメンタリー番組を放送した。コロナで仕事がなくなり臓器売買を考える人、難民への偏見や暴力など極めて過酷な現実が記録されていた。

国は違えど、タイ政府は先にスーダンにコロナ対策で160万バーツ(約550万円)を寄付した。約700人のタイ人学生が同国で学んでいるという。コロナのニュースはタイ南部を中心としたイスラム社会と中東・アフリカのつながりも映す。タイから見るべき方角は東だけではない。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:素焼きと伝統菓子で知ら…(08/13)

投資認可額、上半期は17%減 コロナ抑制強みにFDI誘致強化(08/13)

BTS、電動トラムバス開発で国立大と協力(08/13)

建設CNT、再生エネ事業の会社新設へ(08/13)

20年のエネルギー消費、5.3~7.9%減見通し(08/13)

JBIC、トヨタ系金融会社に協調融資(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

永冠能源が内外に新工場、風力発電向け強化(08/13)

エクソン、東部の石化プロジェクトを延期(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン