MRT建設が各地で加速 投資3千億元規模に、沿線開発も

台湾各地で捷運(MRT)の建設が加速する流れにある。2027年からの5年で計6路線が開通する見通しで、総投資額は3,000億台湾元(約1兆900億円)に上るとみられる。MRTの建設に伴い、沿線の不動産開発も活発化しており、建設や小売りなど幅広い産業に恩恵が広がりそうだ。 …

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「週末は月末までほぼ埋…(08/13)

鴻海、3Qは2桁減収へ コロナからの完全回復はまだ(08/13)

鴻海系FII、2Q純益が2割増(08/13)

TSMC、40億米ドル上限の社債発行へ(08/13)

英業達、3Qは前年同期比2桁増収へ(08/13)

台湾IC生産額、今年3兆元超へ=TSIA(08/13)

モジラが台北事務所閉鎖へ、コスト削減で(08/13)

永冠能源が内外に新工場、風力発電向け強化(08/13)

BASF、彰化に靴材料の開発施設を開設(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン