外食チェーンが出店攻勢、コロナ収束で

台湾の外食チェーンが出店攻勢を掛ける。新型コロナウイルス感染症がおおむね収束し、自粛の反動による「リベンジ消費」が外食業界でも起きるとの判断。各社は新規出店に向け人員の確保を急ぐ。工商時報などが伝えた。 ステーキ店を中心に展開する台湾外食大手の王品集団は、鍋料…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

富士康、中国の自動運転OS開発会社に出資(13:22)

テイクオフ:最近、コンビニの店内入…(03/02)

ワクチンを機に空輸運賃上昇 大手2社、台米線最大4割値上げ(03/02)

TSMCが米工場6カ所建設か、1兆元超へ(03/02)

高雄の5G・AIoT拠点、進出に優遇策(03/02)

台湾PCB企業の中台生産、20年は過去最高(03/02)

シャープが堺の液晶工場株売却へ、24%保有(03/02)

華新科技が高雄工場取得、MLCCを増産(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン