• 印刷する

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…

朝起きると、まず窓を開けて日光と外の空気を部屋の中に取り込む。脳みそを覚ますにはお天道様にあいさつするのが一番と信じている。ストレスがたまりやすい在宅勤務の昨今では、なおさらだ。

ただ最近は空がかすみ、日の光もいつもより弱々しく感じる。やはり大気汚染のせいだろうか。コロナ予防の大規模な社会的制限(PSBB)が緩和されて1カ月以上がたち、交通量も増えてきた。緩和前は晴れると遠くに山並みが見えたと聞いたが、今はもやがかかり、望むべくもない。

視界不良と言えばヘイズ。昨年は7月から東南アジア各地を襲うようになった。今年も経済的に困窮している人が増えていることを考えると、油断はできない。コロナにヘイズ。目に見えないウイルスと微粒子。一国だけでは対応できないところも同じ。見えない脅威のダブルパンチとならなければよいが。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアで新学年が…(08/13)

コロナ禍の観光地、開発急ぐ 長期影響を視野に整備・客誘致も(08/13)

スズキ現法、7月輸出台数は前月比4倍(08/13)

バリ島に次世代交通網整備、国鉄が協議(08/13)

首都空港にヘリポート、23日に運用開始(08/13)

繊維・衣料産業の成長率、2Qは14%減(08/13)

大統領、9月までに地方予算の執行加速を(08/13)

零細事業者に無利子融資など二つの支援策(08/13)

メドコ、南ナトゥナ海で新ガス田の採掘開始(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン