• 印刷する

テイクオフ:朴元淳ソウル市長が自殺…

朴元淳ソウル市長が自殺したのと同じ日、もう一人、韓国である有名な人物が亡くなった。ペク・ソンヨプ将軍。朝鮮戦争で北朝鮮の猛攻を退けた英雄で、韓国軍の創設や米韓同盟の強化などに貢献した人物だ。

しかし、そんな偉人として尊敬されるペク将軍だが、「親日派」という批判もある。植民地時代に旧日本軍に所属した記録があり、親日派リストにも含まれているためだ。そうした背景から、国の発展に貢献した人物らが眠る国立墓地「顕忠院」への埋葬に対して、左派団体の一部が強く反発している。

セクハラ疑惑のある朴市長については「功績と過失は切り離すべき」という意見が強い。一方、ペク将軍は「親日派」という点ばかりがクローズアップされているように感じてならない。旧日本軍にいたのが事実としても、国を守った英雄に対する敬意は払うべきではないか。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:文在寅(ムン・ジェイン…(08/13)

【ウィズコロナ】感染ピーク後もリモート定着 リスクと効率天秤、採用にも変化(08/13)

政府、日韓への出稼ぎ労働者派遣再開を許可(08/13)

新型コロナ感染者、17日ぶりに50人超え(08/13)

【わたしの在宅ライフ】韓国女性(31)の過ごし方 ネット通販を使いこなす(08/13)

7月の失業者数、コロナで21年ぶり高水準(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

韓国政府、ガスパイプライン改修を支援(08/13)

国産化事業の成果低調、「脱日本依存」遠く(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン