• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは数年前…

インドネシアでは数年前から韓国ドラマの人気が高い。日本語では「韓流」ともいうらしいが、インドネシア語では「ドラコル」。「ドラマ・コレア」の略だ。略語を作るのが得意なインドネシア人ならではの造語だ。

コロナ禍でこのドラコル熱にさらに火が付いた。外出自粛や在宅勤務で通勤時間がなくなり、自宅にいる時間が長くなったので、ドラマを視聴するにはうってつけとなった。動画ストリーミングサービスの選択肢も多くなった。

規制は緩和されたけれど、ショッピングモールで外食や買い物をするよりも、ドラコルにかける時間やお金が多くなった。あげくの果てには目が痛くなり、肩こりや腰痛と、体のあちこちに異変が表れた。新型コロナウイルス感染症以外の病気になって、病院に運ばれるようなことになってはいけない。生活習慣を変えなくては。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:8月に入り、街が紅白カ…(08/06)

4~6月GDP、5.32%減 コロナ影響顕在化、回復遠く(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

首都の渋滞で年間65兆ルピアの損失、運輸相(08/06)

運輸省、航空旅客への検査義務付け見直しか(08/06)

AP2、7月の搭乗者数が前月の2倍に回復(08/06)

ANAの成田4便と羽田運休、9月も継続(08/06)

新型コロナワクチン、国営製薬が量産体制へ(08/06)

上期の石油ガス投資額、当初通年目標の39%(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン