• 印刷する

マハティール氏らが野党連合からの離脱表明

マレーシアのマハティール前首相は10日、野党連合・希望連盟(PH)から離脱することを表明した。PHが次期首相候補に、反目する人民正義党(PKR)のアンワル・イブラヒム党首の擁立を決めたことを受け、PHから離脱したほかの連邦議会下院(定数222)議員5人とともに、サバ伝統党(ワリサン)と組んで独立系勢力になる。

地元各紙によると、元マレーシア統一プリブミ党(PPBM)のマハティール氏、同氏の三男のムクリズ・マハティール氏(前クダ州首相)、サイドサディク・サイドアブドルラーマン氏(前青年・スポーツ相)、マズリー・マリク氏(元教育相)、アミルディン・ハムザ氏(前財務副大臣)、サハルディン・サレ氏(前公共事業副大臣)の6議員がPH離脱を表明した。

マハティール氏は声明で、ワリサンのシャフィー・アプダル党首(サバ州首相)を次期首相候補に決定したにも関わらず、自身などPPBMやワリサンの代表者が参加しなかったPHの幹部会で、アンワル氏の首相候補擁立が決められたと説明した。

6議員はまた、下院のモハマド・アリフ議長更迭への反対と、ムヒディン首相の不信任決議案を提出する意向も示した。

マハティール氏は10日に誕生日を迎え、95歳になった。

■与党連合は歓迎

一方、与党連合を構成する政党連合・国民戦線(BN)のアヌアル・ムサ幹事長(現連邦直轄区相)は、マハティール氏らによる独立勢力形成を歓迎する意向を示した。「独立勢力は、政局に大きな影響を与えることはなくても、重要な役割を担える」と述べた。BNは次期総選挙に向け、与党連合を構成するPPBM、全マレーシア・イスラム党(PAS)との協議を開始するという。

野党勢力の下院議席数は、マハティール氏らがワリサンと合わせ15議席。一方、PHを構成するPKRは39議席、民主行動党(DAP)は42議席、国民信託党(アマナ)は11議席で、計92議席となっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン