越発AIで人の動き捉える アジラ、競技やアニメにも応用へ

アジラ(東京都町田市)は、ベトナムを開発拠点として、人の動きを認識・特定する人工知能(AI)を構築するベンチャー企業だ。日本向けに技術を提供してきた同社は今年、ベトナムの新防犯システム開発に参画し、政府機関や小売店の需要を狙う。行動認識技術は活用幅が広く、現地…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国産ワクチンの緊急使用申請 年内に5千万回分、慎重論も(06/24)

市中感染217人増、ホーチミン累計2千人突破(06/24)

ホーチミンで労働者の総数減、社会保険機関(06/24)

バクザン省、11月末までに労働者12万人復帰(06/24)

6月前半の貿易収支、13.5億ドルの赤字(06/24)

ドラゴンキャピタル、ACB90万株近くを売却(06/24)

暗号資産の法整備、専門家が早期対応求める(06/24)

セラミックのホワイトホース、越から撤退(06/24)

金融投資家協会、預金金利0%を提案(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン