• 印刷する

5月の豪クレカ債務が急減、13年来の最低に

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済の先行きへの不透明感を背景に、オーストラリア人がクレジットカードの利用を控え、債務の返済を進めたことから、5月のクレジットカードによる負債が総額で16億4,000万豪ドル(約1,224億円)減少したことが、オーストラリア連邦準備銀行(RBA)のデータで分かった。月間の減少幅としては過去最大で、これによりクレジットカード債務の水準は2007年以降で最低になったという。8日付オーストラリアンが伝えた。

金融サービス比較サイトのレートシティー(RateCity)の調査部長のティンドール氏は、4月と5月の2カ月間でオーストラリアのクレジットカード債務は総額で32億豪ドル減少したと説明。消費者が支出を抑えたことに加え、新型コロナ関連の規制で小売業の営業が制限されたことも影響しているという。

5月のクレジットカードを通じた支出額は前年同月と比較して58億2,000万豪ドル減少し、クレジットカードのアカウント数は122万件減少している。

若者層がアフターペイなどの「即購入、後払い」サービスを利用するようになったことに加え、クレジットカード申請の認可に関する規制の変更と、住宅ローンの申請基準を満たすためにクレジットカードをキャンセルしたことなどが原因とみられる。

■クレカの利用増もVIC州が足かせ

一方、コモンウェルス銀行(CBA)の7月3日までの1週間のデータによれば、オーストラリアのクレジットカードとデビットカードの利用は前年同期に比べて12%増加している。

タスマニア州が同20%、西オーストラリア州が同19%、それぞれ増加したのに対し、新型コロナの感染が再び拡大しているビクトリア(VIC)州は同5%増にとどまっており、全体の伸び率の足かせになっているという。8日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の家計支出のデータでも、VIC州の支出は他州に比べて伸び悩んでおり、7月3日までの1週間で前年同期比0.9%増にとどまっている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所得税申告の季節。銀行…(08/07)

豪GDP、2.5%減少見通し モリソン首相「失業率10%の懸念も」(08/07)

VIC都市封鎖、財界は州より連邦頼み(08/07)

コロナ禍を機に政府は規制改革を=業界団体(08/07)

メルボ小売、オンライン販売整備で明暗(08/07)

豪イケア、封鎖で一部家具売上げが450%増(08/07)

VIC州の食品流通大混乱、全国に波及も(08/07)

QLD―NSW州境閉鎖、観光業や鉱業は悲鳴(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン