• 印刷する

《日系進出》東急建設、BIM強化へ海外企業買収

東急建設は、シンガポールのインドシン・エンジニアリングと同社の株式100%を譲り受けることで合意した(東急建設提供)

東急建設は、シンガポールのインドシン・エンジニアリングと同社の株式100%を譲り受けることで合意した(東急建設提供)

東急建設(東京都渋谷区)は8日、シンガポールのインドシン・エンジニアリング(Indochine Engineering)を買収すると発表した。海外企業を買収するのは初めて。コンピューター上に建物の立体モデルを構築し、建設工事の無駄を省くビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)を活用したサービスを強化するのが狙いだ。

インドシンとは7日、同社の株式100%を譲り受けることで合意した。買収額は明らかにしていない。同社の資本金、売上高も非公開だ。

インドシンは、2015年創業。BIMによる設備設計・構造設計を手掛ける。ベトナム・ホーチミン市とオーストラリア・ブリスベンに子会社を持つ。ベトナムの子会社はエンジニア約80人を有し、アジア太平洋地域を中心にサービスを提供している。

東急建設では、施工でBIM活用を推進するため17年に専門組織を設立していたが、技術者不足が課題となっていた。今回の買収を機に、BIM関連の高度な技術を持つエンジニアを確保できるようになるという。

東急建設の広報担当者は「もともとBIMの領域を強化しなければならないという意識があった」と説明。今後はインドシンを通じ、まず日本国内のBIM業務を強化したい考えを示した。売り上げ目標は非公開だ。

東急建設によると、建設業界では人手不足や働き方改革などを受けて、生産性向上が大きな課題となっている。環境意識の高まりを背景に、二酸化炭素(CO2)排出量を把握できる建物などBIMを活用した案件へのニーズも高まっている。

東急建設は海外ではこれまで、政府開発援助(ODA)案件を中心に手掛けてきた。直近ではタイやインドネシア、バングラデシュなどで事業を展開している。


関連国・地域: ベトナムシンガポールオーストラリア日本
関連業種: 電機建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華系シンガポール人の…(08/13)

小売店舗賃料さらに下落へ 繁華街は最大2割、閉店増で(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

建設工事の規制緩和、労働者の作業再開で(08/13)

屋台街・生鮮市場の3割、電子決済導入(08/13)

新規生命保険料収入、1~6月期は13%減(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

投資テマセク、独バイエルと野菜工場で合弁(08/13)

製油業界に復調の兆し、7月は3社フル操業(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン