• 印刷する

テイクオフ:インドで失業問題が深刻…

インドで失業問題が深刻化している。新型コロナウイルス感染症の流行で企業が従業員の解雇に乗り出しているためだ。工場の労働者から企業の幹部までが等しく影響を受けている。

多くの人が、生き延びるために雑用や片手間仕事などで生計を立てている。デリーでは職を失った教師たちが野菜を売り始めた。東部コルカタの著名な報道写真家は、月賦の支払いに困り、必死に仕事を探しているとツイッターに投稿した。

都市部の工場で働いていた労働者は、故郷に帰って農業に従事している。7~9月のモンスーンの時期に感染者が増えるとの恐れから、彼らの大部分は元いた場所へ戻っていない。唯一の明るい要素は、彼らの帰省によって農村部に十分な労働力があることだ。政府はこの危機に対処するため、貧困層を対象に11月まで無料で食料を配給すると発表している。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ウィズコロナ」の時代…(08/06)

倉庫面積は今年も拡大 ECなどけん引、年内に回復へ(08/06)

日本からのチャーター便到着、160人超が搭乗(08/06)

テラの電動三輪広告事業、経産省など支援(08/06)

乗用車事業での提携、タタ自が報道を否定(08/06)

アショク、英バス会社に1台目のEVを納車(08/06)

コダックテレビ、新工場整備に50億ルピー(08/06)

ユニチャーム、工場火災の被害額161億円(08/06)

JSWが火発買収から撤退、再エネに注力(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン