• 印刷する

《日系進出》婦人靴のアマガサ、EC事業展開へ

婦人靴の卸・小売会社アマガサ(東京都台東区)は7日、インドネシアで電子商取引(EC)を軸とした販売網を構築すると発表した。同国でECサイト作成から物流全般を手掛けている香港系Eゴーゴー(E―GOGO)、地場ベンチャーキャピタルのインサン・ジェネラシ・プミンピン(インドジェン・キャピタル)の2社と業務提携に向けた覚書を8日に締結する。

アマガサは、これまで海外では香港で同社の「ジェリービーンズ」ブランドの婦人靴を展開してきたが、今後の成長を見込んで、インドネシアのEC市場に進出すると表明。覚書では、Eゴーゴーのインドネシア法人Eゴーゴー・ハブ・インドネシアが、ECサイト整備のため市場調査やマーケティング戦略の構築を行う。インドジェン・キャピタルはEゴーゴーとともに、アマガサの商品購買層の市場を開拓する。10月1日のEC事業開始を目指す。

インドネシアではECのみで商品を販売する。将来的にはEゴーゴーが拠点を置く中国、台湾、ベトナム、シンガポールでの販売についても検討を進めていく。

Eゴーゴーは、香港の電子部品販売会社、AVコンセプト・ホールディングス(先思行集団)傘下でEC関連取引をサポートする企業として2018年に設立。同年にEゴーゴー・ハブ・インドネシアを設立した。同社は地場ECトコペディアやシンガポール系同業ショッピーの運営もサポートしている。


関連国・地域: 香港インドネシア日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアで新学年が…(08/13)

コロナ禍の観光地、開発急ぐ 長期影響を視野に整備・客誘致も(08/13)

スズキ現法、7月輸出台数は前月比4倍(08/13)

バリ島に次世代交通網整備、国鉄が協議(08/13)

首都空港にヘリポート、23日に運用開始(08/13)

繊維・衣料産業の成長率、2Qは14%減(08/13)

大統領、9月までに地方予算の執行加速を(08/13)

零細事業者に無利子融資など二つの支援策(08/13)

メドコ、南ナトゥナ海で新ガス田の採掘開始(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン