産業相、製薬原料の輸入22年末に35%削減

インドネシアのアグス産業相は5日、製薬原料の輸入量を2022年末までに35%削減する目標を示した。新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、需要が拡大する製薬産業で、国内で調達した原料から生産した医薬品で内需を満たせるよう後押しする。 国内製薬産業220社のおよそ9割が…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:貯金は将来の生活のため…(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

【この人に聞く】不安な隔離生活を快適に 5つ星アヤナ・ミッドプラザ(06/22)

国営石油、低炭素技術実用へ日系と共同調査(06/22)

自動車ターミナル、5月の取扱台数が大幅増(06/22)

製造業の操業許可、累計1万9000社に付与(06/22)

世銀、課税事業者の下限売上高引き下げ提案(06/22)

1~5月の製造業輸出、前年同期比3割増(06/22)

月末に総会、次期会頭を選出予定=商工会(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン