石油サントス、副産物で食品業向け重曹製造

オーストラリアの石油大手サントスが、ニューサウスウェールズ(NSW)州北西部ガンネダ盆地のナラブライ(Narrabri)の炭層メタンガス(CSG)開発プロジェクトで、生産過程で排出される塩水を食品・製薬業界で使用可能な重曹に加工する計画だ。米国の製造企業ナチュラル・ソ…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 食品・飲料その他製造天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所得税申告の季節。銀行…(08/07)

豪GDP、2.5%減少見通し モリソン首相「失業率10%の懸念も」(08/07)

VIC都市封鎖、財界は州より連邦頼み(08/07)

コロナ禍を機に政府は規制改革を=業界団体(08/07)

メルボ小売、オンライン販売整備で明暗(08/07)

豪イケア、封鎖で一部家具売上げが450%増(08/07)

VIC州の食品流通大混乱、全国に波及も(08/07)

QLD―NSW州境閉鎖、観光業や鉱業は悲鳴(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン