• 印刷する

ボーダフォン、昨年度は1兆円の赤字

インドの通信大手ボーダフォン・アイデアが6月30日に発表した2019/20年度(19年4月~20年3月)の連結決算は、純損益が7,387億8,100万ルピー(約1兆630億円)の赤字だった。通信当局への調整済み総収入(AGR)をめぐる未払い金の支払いで、2,751億4,300万ルピーの特別支出を計上したことなどが影響。PTI通信によると、インド企業が出した過去最高の純損失となった。

赤字は2期連続。赤字額は前年度の1,460億3,900万ルピーの5倍に膨れ上がった。特別支出は「1回限りの周波数帯料(OTSC)」の支払い関連や減価償却・減損の引当金などでもかさみ、AGRの支出を含めて計3,835億5,700万ルピーを計上した。

売上高は、前年度比21.2%増の4,495億7,500万ルピーだった。EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は1,491億ルピー。

3月末時点での総負債(リース債務除く)は1兆1,500億ルピー。政府に対する電波利用料の未払い金、8,765億ルピーが含まれている。

昨年度の設備投資額は1,013億ルピーだった。

ラビンデル・タッカル社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で「われわれは高速ネットワークの統合と第4世代(4G)移動通信システムのサービスエリア拡大に注力しており、顧客体験は改善し続けている」とコメント。今年1~3月の4Gのダウンロード速度は、北部デリーや西部ムンバイ、東部コルカタなどで業界最速だったという。AGR問題については、次回は7月に最高裁判所で公聴会が開かれる予定であると明らかにし、引き続き政府に救済を求めていくと強調した。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インド・米国、ラオスに医療機器など供与(08/13)

テイクオフ:新型コロナのパンデミッ…(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

7月乗用車販売は3.9%減、減少幅は縮小(08/13)

7月の二輪販売、15%減の128万台(08/13)

ヘルメット大手、20億ルピーで2工場稼働(08/13)

日本工営、バングラで鉄道整備事業を受注(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン