• 印刷する

経済3団体、GDP予測のマイナス幅を拡大

タイ経済の下半期の見通しについて説明するタイ銀行協会(TBA)のプレディー会長=1日、タイ・バンコク(NNA撮影)

タイ経済の下半期の見通しについて説明するタイ銀行協会(TBA)のプレディー会長=1日、タイ・バンコク(NNA撮影)

タイ工業連盟(FTI)、タイ商工会議所(TCC)、タイ銀行協会(TBA)の民間3団体で組織するタイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)は1日、タイの2020年の国内総生産(GDP)成長率の見通しについて、5月に示していた前回予測の「マイナス5~マイナス3%」から「マイナス8~マイナス5%」にマイナス幅を拡大したと発表した。

TBAのプレディー会長は、新型コロナウイルスの感染防止のための経済活動の制限が緩和されたものの、個人、企業とも購買力は鈍ったままであると指摘。足元のタイ国内の感染は抑えられているが、世界的な流行が拡大する中、国内経済の主力である輸出と観光が引き続き低調に推移するとみている。

20年下半期(7~12月)は、新型コロナの影響に加え、米中貿易摩擦の再燃や東南アジア域内の他の通貨に比べてバーツ高が進んでいることが、輸出や製造業の下押し圧力になるとの懸念を示した。

20年の輸出の成長率については、前回予測である「マイナス10~マイナス5%」から「マイナス10~マイナス7%」に修正。インフレ見通しは「マイナス1.5~0%」から「マイナス1.5~マイナス1%」に見直した。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

eスポーツが急拡大の兆し 巣ごもりで拍車、雇用創出期待も(05/14)

市中4871人で最多、刑務所で集団感染(13日)(05/14)

EV充電シャージ、市場規模490億円を予測(05/14)

物流JWD、1Qは50.6%の増益(05/14)

工業団地WHA、公益好調で1Qは38%増益(05/14)

不動産AP、低層住宅好調で1Qは7割増収(05/14)

再生エネ発電のクローバー、年内にIPO(05/14)

政府、経済再生へPTTなどに投資加速指示(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン