• 印刷する

マクロミル韓国会社、コスダックに上場完了

インターネットを活用した市場調査大手マクロミル(東京都港区)は1日、ネットリサーチを手掛ける韓国子会社マクロミル・エムブレインが、新興企業向け株式市場コスダックに新規上場したと発表した。

マクロミルは、今回の上場がマクロミル・エムブレインの企業認知度向上だけでなく、事業基盤や経営体質、財務強化にもつながると期待している。

上場に伴う新株発行に伴い、マクロミルの出資比率は従来の50.3%から42.2%に下がるが、実質的な支配力基準によって連結子会社として維持する方針という。

マクロミル・エムブレインの前身は、1998年に設立されたエムブレイン。従来のネットリサーチ事業に加え、近年はビッグデータサービスなども手掛けている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2日連続の500人台(10:33)

4月の韓国車販売77%急増 コロナ禍の反動、国内は振るわず(05/07)

スマホ出荷、1~3月は23%増 過去最多も今後は第2波影響(05/07)

コロナ新規感染者、検査減で500人台に(05/07)

ワクチン接種、希望者61.4%にとどまる(05/07)

隔離延長に韓国企業から不満、大使館が協議(05/07)

CPI2.3%上昇、3年8カ月ぶり高水準(05/07)

韓国の工業競争力指数、日米抜き世界3位に(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン