コロナ後の社会、京大がオンライン公開講義

【共同】アフターコロナの社会をどう考えるか――。京都大の人文社会科学系の研究者らが、哲学や環境史、倫理学などの専門分野から新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)について語る公開オンライン講義が、4日から始まる。「不安定な状況でも、物事を広く深く考える…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

対日輸出の減少幅が縮小 6月、主力の衣類軒並み回復(08/14)

【ウィズコロナ】ビジネスのデジタル化が前倒し トレジャーデータ、CDPに順風(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

【コロナを超えて】エースコック、市況の変化注視 消費の新形態に着目、生活密着へ(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン