国営電力、120億リンギ相当のイスラム債計画

マレーシアの国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は6月30日、総額120億リンギ(約3,010億円)規模のスクーク(イスラム債)発行計画を証券委員会(SC)に届け出た。臨機応変に資金調達を行う手段を確保する狙いがある。調達資金は設備投資、それ以外の諸目的、運転資金、既存…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏のアストラワクチン接種、来月3日まで(17:42)

邦人帰国接種、未承認ワクチン接種者も対象に(18:55)

テイクオフ:今月21日は中秋節だっ…(09/28)

第12次マレーシア計画発表 25年の高所得国入り目指す(09/28)

【日本の税務】非居住者が役員昇格時に受け取る退職金への課税について(09/28)

新規感染1.1万人、ス州が千人未満に(09/28)

ブースター接種、来月にサラワク州で開始(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン