HCM市で非現金化加速、小売大手は2割超

ベトナムの小売り大手、ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)は、キャッシュレス決済の利用者が、昨年の3~5%から21%に上昇したと明らかにした。コロナ禍で現金以外の利用が急増した。ホーチミン市では、給油所や学校などでもキャッシュレス化が進展している。ベトナム…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】エースコック、市況の変化注視 消費の新形態に着目、生活密着へ(08/14)

感染者905人、死者も増加し20人に(08/14)

不動産投資クリード、アンギア株を一部売却(08/14)

二大都市の工業団地、2Qにリース料金上昇(08/14)

ビンG、ゲアン省でショップハウス開発へ(08/14)

韓電の越発電所開発、サムスンなど参加検討(08/14)

ペトロリメックス、自己株1300万株売却へ(08/14)

韓国の建材製造、越中部に床材工場が完成(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン