• 印刷する

コロナ基金の低利融資、建設業も対象へ

ミャンマー政府は、「新型コロナウイルス感染症(COVID19)ファンド」による低利融資制度の対象に建設業を含めることを検討している。ミャンマー・タイムズ(電子版)が6月30日伝えた。

政府は1,000億チャット(約79億円)規模の新型コロナファンドを創設し、16日までに同ファンドによる低利融資制度の第1~6弾として総額860億チャットの融資を承認した。年末までに基金を現在の1,000億チャットから、2,000億~5,000億チャットに拡大する方針を示しており、建設業を対象とした低利融資は、この拡大枠を利用して実施されるもようだ。

建設会社のMKTコンストラクションのミョー・ミン最高経営責任者(CEO)は、「新型コロナの影響で、建設工事はほぼ停止している。建設資材の輸入は海外にある生産工場の操業停止などで遅れ、工事の進捗(しんちょく)が予定より4カ月遅れている案件もある」と説明した。

ミャンマー建設業者協会(MCEA)によると、建設資材の輸入価格が高騰し、資金難に陥っている案件もあるという。同国では例年、6~10月が雨期になるため、工事がさらに遅れることが予測される。

COVID19ファンドによる融資は、7月初めに第7弾が承認される見通しで、約300社が対象になるという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ジャーナリストの北角さん、当局が解放へ(00:41)

3月の対米輸入は55%減 政変前の2割、制裁が直撃(05/14)

現金不足が深刻化、市民の引き出し止まらず(05/14)

中銀、通貨安でクーデター後4回目の介入(05/14)

ヤンゴン管区、外資の衣料製造など認可(05/14)

ミャンマー工場「9月稼働難しい」=スズキ(05/14)

輸出入許可取得の免除、6月7日まで再延長(05/14)

12日までの弾圧犠牲者、2人増の785人(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン