東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間

東南アジア諸国が、新型コロナウイルスの水際対策として厳しく制限していた外国人の入国の条件緩和に動き出した。感染予防に配慮しつつ、まずは東南アジア域内や関係が深い国からの入国を慎重に進めようとしている。中には、日本からの企業関係者を限定的に受け入れる国も出てきて…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ブルネイASEAN
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

帰国邦人専用PCR施設、グルガオンに設置(05/13)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

【アジア三面記事】学友3人救った青年(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

最低賃金上昇率、アジア18カ国で韓国が最大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン