• 印刷する

テイクオフ:きょう1日から、日本で…

きょう1日から、日本でプラスチック製レジ袋の有料化が義務付けられる。プラスチックごみの削減に向けた取り組みとして、環境問題に対する意識改革の大きな一歩となりそうだ。

マニラ首都圏の各自治体は、世界でも早い時期に紙製のストローやレジ袋を導入した。今でこそマイバッグを常に持ち歩いているが、2リットルのペットボトルや冷凍品が重みや湿り気に耐えきれず、足元に散らばり絶句した経験は一度ならず。不便さは感じても、徹底した対策に感心してきたものだ。

ただ、新型コロナウイルスを機に異変が起きた。料理の宅配にはプラ容器が大量に使用されている。それもご飯、みそ汁、主菜、副菜、と丁寧に分けられて。段ボールいっぱいに届く野菜も種類ごとにビニール袋に包まれている。紙袋からプラ製に逆戻りしたスーパーマーケットもある。脱プラ先進国として、打開策は見つからないだろうか。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「上の2人が実の娘で、…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

外出制限、10月も緩和継続 マニラ首都圏、経済再開探る(09/30)

大統領「辞任を提案した」、汚職に憤り(09/30)

コロナ感染新たに2025人、計30万9303人(09/30)

サービス業の全面再開を、貿産相(09/30)

クラーク空港の接続道路、工事入札を開始(09/30)

比経済回復は来年4~6月期以降、フィッチ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン