シカゴ穀物、29日は軒並み反発

【ニューヨーク共同】週明け29日のシカゴ穀物市場は大豆、トウモロコシ、小麦が軒並み反発した。 いずれも前週末の相場下落で値ごろ感が出たことから、買い戻しが広がった。米農務省が30日に主要穀物の作付面積や在庫状況を発表するのを控えて、持ち高調整の買いも入った。

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】日系企業も資金調達へ STO市場の幕開け(下)(13:38)

すき家、コロナ禍も積極展開 経験とグループ力で逆境を克服(09/28)

【書籍ランキング】9月10日~9月16日(09/28)

北京モーターショー開幕 日系各社、新EVや事業戦略発表(09/28)

日本との長期滞在者往来、30日から開始(09/28)

NY原油先物市況、24日は終値40ドル台(09/28)

日中首脳が電話会談、関係発展を重視(09/28)

NY金市況、24日は4営業日ぶり反発(09/28)

マルチスズキ、個人向け定額制サービス導入(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン