香港安全法は国際条約違反=趙元総書記秘書

【北京共同】中国共産党の故趙紫陽元総書記の秘書だった鮑トウ(トウ=丹に彡)元党中央委員(87)が29日までに共同通信の取材に応じ、香港への国家安全法制導入について国際条約に相当する1984年の中英共同宣言に反しているとの認識を示した。「単純な(中国の)国内問題ではない…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新たに8人がコロナ感染、累計5087人に(10/01)

新たに10人の感染を確認、累計は5097人(10/01)

パソナ、一括採用管理プラットフォーム開始(10/02)

NSW政府、クラウンにカジノ取消で賠償約束(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン